管理状態

管理状態

借りたいマンションの内装や間取り、備え付けの電気機器を確認しても、共用スペースの管理が行き届いていないなら安心できません。
共用部分まで徹底的に確認した上でマンションを借りる賃貸契約を行ないましょう。
共用部分としては、階段・ごみ置き場・エレベーター・廊下などがあります。

ごみが散乱したままになっていないか、廊下や階段などの電球があちこち切れているということはないかなどを入念に調べましょう。
他にも、共用スペースなのに個人の私物が置きっぱなしの物件は良い物件ではありませんし、落書きが多くある物件も印象が良くありません。

駐車場と駐輪場の管理は徹底的に行われているか必ず確認し、防犯カメラの設置状況についても事前に確認しておくことが見逃せません。
駐車場有と住宅情報に記載されている場合でも、実際には空きがないというケースがあります。
マンションを借りることができたのに駐車場の空きがなくて借りられず、どこか他のところにスペースを借りなくてはいけなくなったりします。
駐車場を使う必要がある場合には、見逃すことのないように注意しましょう。
防犯対策が充実しているマンションを借りたいのであれば、マンション構造や裏側部分も調べておくことが要求されます。
危険なイメージとしてマンション1階部分が挙げられますが、実はマンション1階のセキュリティーを強化しているマンションも多いようです。

足場が確保出来るような造りの場合、容易に上の階まで侵入することができるのです。
正面玄関のロックはしっかりしていても、裏にある通用口の防犯セキュリティーは手を抜いているというところもあります。
このようなことから女性の一人暮らしといった状況ならば、安心した暮らしのためにも細かく調べましょう。