前入居人の状態

前入居人の状態

マンションを実際に借りる前の下見に際し確認していないところがあると、入居してから後悔することになります。
大多数の人は、収納・間取りなどの確認で終わっているようですが、これだけでは乏しすぎます。
マンションが中古ということでしたら、それまでの汚れがそのままになっている場合もあるでしょう。

本来は住人が退去する際に修繕するものですが、汚れなどを放置して退去するケースもあるようです。
住み心地の良いマンションを借りるために、細かな部分までチェックすることが大切です。
また、電気が止まっていないなら、故障している電気がないかも確かめましょう。
さらに、ドアや窓の開閉に関しても、入居してから窓が開かないということにならないよう、きっちり確かめましょう。

はじめから備わっている設備も正常に作動しないことも多いようなので、暮らし始めてから不便な思いをしないようエアコンや換気扇などはスイッチを入れて確認してみましょう。
特に確認したいのは、業者が作成した住宅情報と実際の賃貸物件に大きな違いがあるかどうかです。
ベランダの状況や日当たりのチェックが欠かせません。
コンセントがどこにあるかにも着目し、電話などのコンセントをどこに差すかなどもチェックすると良いでしょう。
浴室・トイレの故障もよくありますし、カーペット・フローリングなどの汚れや傷も、生活が始まる前に届け出ておかないと、後にトラブルとなります。

証拠をカメラなどに日付を入れて収めておくこともできますが、これは修理費などで大きな問題になった時の最終手段なので、引っ越しをする前に修繕してもらうのが賢明です。
マンションを借りる契約を済ませる前に、なるべく行動することが重要なのです。