下見の重要性

下見の重要性

自分が求めているマンションを借りるために、直接物件を下見することを怠ってはいけません。
不動産会社の社員と一緒に下見をすると、「契約を結ばなくてはいけないのでは?」と心配する人はたくさんいるでしょうが、決めるのは自分自身なので関係ありません。
多少は急がないと人気のある物件が埋まってしまう可能性はあるものの、自分が納得するまで契約をしないようにしましょう。

下見に関しては、不動産会社で見取り図を見せてもらってから、候補の物件を見に足を運ぶことになります。
実際にマンションの部屋を自分の目で確認し、見取り図からは判断できない箇所を確かめます。
住宅情報だけでは実際の雰囲気など分からない点も多く、マンションを契約してから失敗に気が付いたりしますから、契約前に下見することはとても重要です。

下見に訪れるときには、部屋の奥行きや天井の高さがどれくらいなのかをチェックできるよう、忘れずにメジャーを持参しましょう。
他には、メモに今使っている電化製品や家具の寸法を記入して行くと、置けるスペースが分かるので役立つでしょう。

手間はかかりますが、家具や電化製品の底辺のサイズに合わせて新聞紙をカットし、床に敷くと住み心地も分かりやすいでしょう。
梁が有るか無いかという点も大切で、見取り図からは判断できないようなケースもあるため、下見で確認しましょう。
引っ越しをするときに家具を搬入できず、泣く泣く処分したという事例もあるので、階段や通路の幅、間口の広さなどの事前チェックも重要です。

長時間下見をしないと分からないことかもしれませんが、下の階や上の階の騒音が気にならないかどうかも確認しておきたいところです。
防音性・遮音性に優れたマンションを重視したいと望む人は、すでにそこに住んでいる人に話を聞いてみるのも一つの方法です。