不動産業者の選び方

不動産業者の選び方

満足に暮らせるマンションを借りるには、不動産会社がしっかりしているかが大事なカギとなります。
問題が起きて不動産会社と揉めることがないように、一目で良い業者かどうかを見抜けるようにしましょう。

判断基準となるのは住宅情報や広告からも見ることができ、把握しておけばマンションを借りる場合の業者の選定に活用できますが、それは不動産業者が必ず持っている免許番号をチェックすることです。
不動産物件の広告には扱っている不動産業者名がありますが、そこに業者票が見つかるはずです。

表記の仕方は、「国土交通大臣(2)第12345号」といったものです。
この中で国土交通大臣の記載は、都道府県にまたがって事務所がある場合ですから、「東京都知事(2)第12345号」という表示もあります。
更新回数はカッコ内に表示されていて、5年ごとに更新されることになっているので、(2)と記されているケースでは6〜10年の営業期間が過ぎていると読み取ることができます。
もし、宅建業法や関連法規に違法があった場合には更新ができないので、更新の回数から安心できる業者かどうかを見極めることができます。

免許番号というのは、物件広告の他にも営業所に行くと最も目につきやすい目立つ場所に掲示されているため、見逃さないようにしましょう。
それから、宅地建物取引協会といった業界団体への加入状況も判断材料のうちの一つです。
確かな不動産会社から良いマンションを借りるためにも、このくらいはチェックしておきましょう。

それに加えて、社員の受け答えや、店舗の様子なども大切な要素です。
急いで契約を迫ったり、無理強いをさせる、強引に下見をさせるような行動をとったり、下見を受け付けないなど、納得のいかない対応をされた時には契約を避けてください。