書類を揃える

書類を揃える

マンションを借りる場合には、賃貸借契約書と言う書類に署名と捺印が必須条件です。
重要事項説明書にもサインするのですが、様々なことが細かい文字で記されているので、容易に理解できるようなものではありません。

しかしながら、こちらに不利なことが記載されているのを見逃して契約を締結するのは何としても防がなくてはならないため、最低限押さえておくべきことを確認しておきましょう。
手始めに金額と支払方法の事項を、確認する必要があります。

希望の賃貸マンションを借りる際は、数年ごとに行われる更新手続きがあります。
家賃は更新の際に高くなることが少なくないですし、それ以外にも1ヶ月分の賃料に該当するような更新手数料と言うものが請求されることもあります。
トラブルの原因になる修繕費に関しては負担する範囲をしっかりと確認しておきましょう。
家主と賃借人の負担分に関して明確にしておく必要があります。

さらに、敷金の返還についても明らかにしておくべきでしょう。
敷金とは、マンション退去時に発生する修繕費をマイナスして借りる側に返還される金銭のことですが、この修繕費の使い方が家主との問題に繋がってしまうケースがあります。
マンションを借りる人の立場では、借りたお部屋を退去時には元の状態にしなければいけませんが、この原状回復が問題なのです。

通常の生活で生じた汚れや老朽化は、原状回復を行う必要はありません。
原状回復をどの程度まで行うのかが分かりづらいので、契約時に納得出来る状態になるまで、詳細を確認するようにしましょう。
最初に部屋内の汚れなどをチェックする意味は、退去時のトラブルを防ぐためなのです。