借り主を選ぶ大家さん

借り主を選ぶ大家さん

自分が求めるマンションを借りる際に借主が行うことは色々とありますが、それによって自分の希望の条件に合った物件に出会えるでしょう。
またオーナーさんも、気兼ねなく物件を貸すことが出来る人を厳選したいと考えています。

家主としては家賃の滞納がない人、きれいな状態の部屋を維持してくれる人、周囲に迷惑をかけない人を求めています。
そのため、入居審査では直接家主さんと会うことになりますが、自分の理想に近いマンションであれば、入居審査で印象を良くしなければなりません。
入居申込書に書く要件部分の内容は、変更はきかないのですが、これ以外のことなら工夫することができるでしょう。

まず、家主さんと会うときには服装に細心の注意を払いましょう。
服装に関して必要以上に気を使うことはありませんが、人に不快感を与えない、すっきりとした服装を心がけましょう。
家主さんが年配の方である場合には、服装をある程度地味に抑えることも大切です。
そして、最初の挨拶はきちんとして、会話の際には家主の目を見てゆったりと喋ることを努力しましょう。

実際に家主さんとお話しすると相性が分かりますので、相性が良くないと思ったときには契約を見直すという選択肢もあるでしょう。
まだ契約をしていないうちは、申し込みを撤回することができます。
一人暮らしの予定でマンションを借りるならば、入居審査を受けるのは自分の仕事です。
その際には、本当に一人暮らしなのか疑われてしまいますので、付き添いに異性を頼むのは良くありません。
スムーズにマンションを借りられるようにするには、それなりの努力が必要なのです。