マンションの借り方

マンション賃貸費用内訳

借りるマンションの契約時には、前家賃・仲介手数料・敷金・鍵の交換料・火災保険料といった、何ヶ月分かに該当する費用が必須となります。
賃貸契約を締結する場合に求められる敷金は、家主に対して賃借人が預ける費用のことを意味し、部屋を出る際に修繕費などに利用され残額が返金されることになっているのです。

部屋の借主の不注意による汚れや損傷を修繕する目的に使われるものなのですが、そうではないケースもあります。
家主が敷金の処理についてきちんと分かっていないことがありますから、間違った敷金の使い方をされないように、敷金について正確な知識を得ておくことが大切です。
不動産業者を通してマンションを借りる場合は、仲介手数料が取られます。
通常1か月分の家賃分を仲介手数料として支払いますが、支払わなくても良い方法があります。

家主と借主が直接契約を交わす、不動産業者を仲介せずに契約を結ぶという方法です。
マンション賃貸情報の取引様態欄が貸主と記された物件は、仲介手数料が発生しないため、マンションを借りる時に払う契約費用を少しでも安くしたい人はこの取引態様を確認しておきましょう。

火災保険の加入は賃貸契約の義務なので、保険料分の費用を事前に準備しておくことが必要です。
前家賃に関しては、いつ契約するかで違いがあり、契約日から日割り計算した最初の月の家賃と、次の月の家賃分が合算されることもあります。
家賃の支払いを口座振替で行うときには、手続きを終えるまでに時間を要することを理由に次月分と一緒に支払うことが多いので注意しましょう。