マンションの借り方

マンション賃貸費用

マンションを借りるための賃貸契約を終えてから転居するまでの費用はどれくらいなのか、借りるマンションの家賃はいくらまでが自分の収入で支払える範囲内なのか、イメージしてみた経験はあるでしょうか。
マンションでの生活には、賃料だけでなく駐車場代、管理費が求められることがあり、こうした経費を合わせた合計を収入の3分の1以下を基準にするのがポイントです。
借りることができるマンションの金額を決定したら、次に必要なのは、マンションを借りる時に最初にかかる費用を忘れてはいけません。
マンションを借りるときには、仲介手数料・前家賃・敷金・火災保険と併せて、カギの交換代などをまとめて支払わなくてはいけません。

1ヶ月分だけのマンションの賃料があったところで、敷金は基本的に家賃の2か月分支払うことになるので、1ヶ月分で賃貸契約を結ぶことはできないのです。
ここ最近では、敷金0ヶ月とする不動産業者もあれば、驚くべきことに半年分や10ヶ月分に設定している賃貸契約もあります。
加えて、仲介手数料に関してはほとんどの場合は1ヶ月分ですが、一切仲介手数料がかからない契約もあるのでしっかり事前確認を行ないましょう。
多くの場合加入が条件となっている火災保険は、2年契約となっており一括で2万円前後支払うことがほとんどです。
玄関の鍵を交換する際の料金は1万円弱が平均です。
前家賃の場合は入居月分の家賃と考えれば良く、日割り計算で支払うことになります。
ここまでを振り返ってみると、マンションを借りるには契約時にまとまった費用が必要になります。
そして、車を保有しているなら、駐車場を借りる際にも敷金や仲介手数料が生じる場合があります。
契約に臨むなら、5ヶ月から半年分の家賃相当額の用意は最低限必要となります。